えんこうについて紹介している援交サイトの紹介!えんこうの主役は一体誰なのか?などの利用者の疑問をまとめているコチラの援交サイトで疑問を解決しよう!

前へ

次へ

えんこうを楽しむだけ楽しもう

えんこうの主役は学生と思われるかもしれませんが、主役は学生ではありません。もちろんオジサンでもありません、主役はお金です。なぜかというとお金があって初めて成立しうる関係だからです。

えんこうの主役は一体誰なのか?えんこうについて紹介している援交サイト!の画像1
確かに学生はセックスなんて大した事ではないと思っていますし、セックスは気持ちがいいからしてもいいと思っているかもしれません。しかしお金がない状態でセックスの相手に選ぶとしたら同世代の男性でしょう。

わざわざ相手の男性をオジサンを選ぶメリットがないからです。

お腹が出ていた脂っこくて、加齢臭?なんて匂いもする、ハゲている男性もいてますし、40歳過ぎても格好いい男性なんてそんなのTVの中にいる芸能人ぐらいです。

なのでお金がもらえるのならセックスをしてもいいけれど、タダならセックスをしたいとは思わないのです。えんこうの相場は1回のセックスで1.5万円でそれにホテル代が別途かかります。

1回のセックスにこれだけのお金を支払うのはそう楽ではありません。しかし払えない金額でもないというのがみそです。

なので毎週えんこうをするのは無理でも月1回ぐらい給料日明けに自分へのご褒美にしようと思ったり、風俗にいく回数を減らしてえんこうを行うとお金のやりくりをします。

えんこうは悪い事だとよく言われますが、そう悪い事だけでもないのです。例えばお金が回りますよね。

えんこうで稼いだお金を学生は何に使っているのかというと遊ぶお金だったり、ブランドの洋服やバックを買ったりします。

つまり消費活動をする事で経済は動くのである意味国が行っている消費活動の促進よりもよほどえんこうの方が効果があるのではないでしょうか?報酬金額は需要と供給で決まります。

男性はなるべく安い価格でセックスをしたいし、学生はなるべく高い価格でセックスをしたいと考えていて、あまり高い値をつけると売れ残ってしまいますし、安い価格だと自分を安売りしすぎで商品価値が疎かになる恐れがあります。

そうゆう意味ではいくらで買いたいのか、そしていくらで売りたいのかその価格が一致する妥協点を駆け引きの中で見つけていくわけですから頭脳ゲームだと言えるのかもしれませんね。

お金は時にキバをむく事もあります。借金をしてまでえんこうにのめり込んではいけませんし、また金銭感覚が狂うぐらいの豪遊もダメです。

楽しむだけ楽しんだら日常に帰れるように理性という梯子を残しておきましょう。

えんこうをしている年齢層とは?

えんこうは学生が中心でした。なぜ過去形で言ったのかというと今は違うからです。もちろん学生もえんこうをしなくなったというわけでなく相変わらずえんこうを行っています。

そして最近はセックスの低年齢化の波がえんこうにまで訪れえんこうを行う女子中学生や女子小学生までいるんですから驚きです。でもロリコンだから小学生に手を出すというよりも大人っぽい小学生が増えたんですよね。

えんこうの主役は一体誰なのか?えんこうについて紹介している援交サイト!の画像2

小学生でも大人顔負けにメイクをしたり、ファッションに拘ったりします。

最近は小学生でもランドセルを使うのは低学年だけのようです、本来6年間使えるようにしっかりした作りになっているランドセルですが、ランドセルなんて子供っぽい、おしゃれじゃないとファッションに合わせたカバンで学校にいくのです。

そしてファッションやメイクで欲しいものがたくさんあると小学生のお小遣いでは到底足りなくなってしまいます。

そして小学生でも携帯を持つのが普通で、そして見たい情報は簡単に見る事が出来るので大人が見せたくない情報だって子供は手に入れているのです。

その結果出会い系サイトなどを利用してえんこうをする小学生やえんこうをした結果妊娠してしまうなんてセンセーショナルな事件にまで発展んしてしまう始末です。

自分の小学生の娘が妊娠するなんて思ってもいないですからお腹が大きくなっても親は気づけないのです。じゃあえんこうは低年齢化したのか?というと実はそうではないのです。

以前はえんこうで稼げるのは学生の間だけ、もしくは頑張って短大生の20歳までというのが暗黙のルールになっていたのですが、最近は不景気でそうではなくなってきています。

社会人になったけど派遣やフリーターのアルバイトのお金だけでは生活できない、副業として短時間で稼げるアルバイトとして目をつけらたのがえんこうです。

そもそも若い女性=学生に限定される必要はなかったのです、30代なら学生がいいと思っても40代になれば20代の女性だって十分に若くてかわいいですし、50代なら30代でも若くてかわいいと思ってくれるからです。

また未婚者である必要もなく、セックスレスの人妻だったり、パートの代わりにえんこうをするなど既婚者の女性が不倫の一環としてえんこうをしていたりするのです。

学生時代にえんこうをして人妻になって再度えんこうをするという人もいるようです。つまり需要と供給さえあれば年齢制限をしていないというのが現在のえんこうだと言えるでしょう。